鳴海製陶株式会社/食器・洋食器の「ナルミ」ボーンチャイナ

商品のお取り扱いについてInstructions

洋食器の取扱い方

1.お取り扱いの基本

1.洋食器の破損で最も多いのは、洗っている時のうっかりミスです。
 いたわりをもって丁寧に扱ってください。

2.洗い場に一度に多くの食器を入れすぎないことが重要です。
 それぞれの器がぶつかり合い割れ、欠けなど破損の原因となります。

3.すすぎは、流し水を使用し最後に熱めのお湯ですすぐことで水切れが良くなります。
 良いとはいえない日本の住宅事情では、いかに上手に収納するかということも重要です。

4.食器棚での収納の原則は、一種一重ね、隣の食器とは十分な隙間を開けることです。
 重ね易い食器を選ぶことも重要ですが食器と食器の間にペーパーナフキンや布をひくことで、
 傷を防ぐことができます。

5.食器の大きさにもよりますが、重ねる枚数は2~6枚程度が良いでしょう。
 既製のネット棚やカップラックといった便利道具もスペースを有効に使う上で重宝します。

2.陶磁器食器を安全にご使用いただくために

1.この製品は、食器以外にはご使用にならないでください。

2.陶磁器は、強い衝撃や急激な温度変化で、割れたり欠けたりすることがありますのでていねいにお取扱いください。

3.直火では絶対にご使用にならないでください。

4.ヒビの入ったものや欠けた製品をご使用になると、思わぬ事故の原因となることがあります。

5.割れた箇所や欠けた箇所に触れると、ケガをすることがあります。

6.電子レンジでお使いの場合は、レンジの注意表示を十分お読みのうえ、正しい使用方法でお使いください。
 原則的には電子レンジの使用はお勧めしておりません。なお、加熱調理を行う場合は、火傷にご注意ください。

7.ご購入後は、必ず洗ってからお使いください。

8.製品の底部(ハマ、高台、糸底)は、平滑で滑りやすいものもあります。積み重ねたり運搬の際はくずれや落下にご注意ください。

9.製品の底部(ハマ、高台、糸底)は、ザラツキを避けるため研磨仕上げを行っておりますが、キズつきやすいテーブル等の上では、
 マット、テーブルクロス等を敷いてご使用ください。

10.ボーンチャイナの場合は、食酢、梅酢などにうわぐすりのかかっていない部分を接触させたままにしないでください。
 素地をいためることがあります。

3.永くご愛用いただくために

< 洗浄によるお手入れの方法 >

1.ご使用後の汚れは、早めに落としてください。そのままにしておくと汚れが落ちにくくなります。

2.洗浄の際には、中性洗剤を軟らかいスポンジか布につけて洗ってください。

3.金属タワシ、研磨剤付ナイロンタワシやクレンザーは、ご使用にならないでください。
 表面にキズを付けたり、絵付部がハゲたりします。

4.茶しぶの頑固な汚れは、市販の漂白剤を定められた条件で使用し、 除いてください。
 但し、金・銀絵付部のあるものは酸素 系漂白剤をご使用ください。

5.洗浄後はよく乾かして、湿気の少ないところに保管してください。

6.食器洗浄機をご使用の際は、注意表示に定められた方法でご使用ください。
 洗浄機内で食器同士がぶつかって、欠けたり、表面をいためる原因となることがあります。

7.陶磁器製の柄(ハンドル)を使用したカトラリーの場合は、60℃以上のお湯に長時間つけないように
 して下さい。柄(ハンドル)が外れる恐れがあります。

< 金、銀、絵付け部の取扱方 >

1.取扱いの際は、強く擦ったり食器同士をぶつけないようにしてください。
 金・銀とも軟らかい金属ですから、ハゲたりキズが付いたりします。

2.洗浄の際、金・銀絵付部は軟らかいスポンジ以外は、ご使用にならないでください。

3.汚れ落としは酸素系漂白剤をご使用ください。
 塩素系漂白剤は変色をおこすことがありますのでご使用にならないでください。

4.特別の表示のあるもの以外、電子レンジでは絶対にご使用にならないでください。
 金・銀絵付製品は電子レンジで使用すると、スパークが起こり絵付部がハゲます。

< 電子レンジ使用時の注意事項 >

1.空焚きや過度の加熱は絶対に行わないでください。割れることがあります。

2.ヒビの入った製品は、加温中に割れることがありますのでご使用にならないでください。

3.加温後は、製品も熱くなっていますので、取り出す際は、火傷にご注意ください。

4.陶磁器は、急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。
 製品が熱いうちに冷たいものをいれたり、濡れた所に置かないようにしてください。

< その他の注意事項 >

1.長時間の煮沸は絶対に行わないでください。高温での湯煎は表面の肌荒れを起こしたり、
 絵付部のツヤや色に悪影響を与えることがあります。湯煎は、60℃以下をお薦めいたします。

2.ナイフやフォーク・スプーンを長期間または頻繁に使用されますと、表面に金属成分が付着して  黒ずむことがあります。

3.ナイフで強く擦ると表面にキズをつけ、ナイフマークがとれなくなることがあります。

耐熱強化磁器テクノセラムについての追記

< 電子レンジ使用時の注意事項 >

電子レンジでお使いの場合は、レンジの注意表示を十分お読みのうえ、正しい使用方法でお使いください。

1.オーブン・電子レンジでご使用の際は、空焚きや過度の加熱は絶対に行わないでください。割れることがあります。

2.オーブンでフタ付きの製品をご使用の際は、必ずフタをはずしてください。破損の原因になります。

3.ヒビの入った製品は、加熱中に割れることがありますのでご使用にならないでください。

4.加熱後は、製品も熱くなっていますので、取り出す際は火傷にご注意ください。

5.陶磁器は、急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。
 製品が熱いうちに冷たいものをいれたり、濡れた所に置かないようにしてください。

DAY+(パティア)についての追記

< 電子レンジ使用時の注意事項 >

電子レンジでお使いの場合は、レンジの注意表示を十分お読みのうえ、正しい使用方法でお使いください。

1.オーブン・電子レンジでご使用の際は、空焚きや過度の加熱は絶対に行わないでください。割れることがあります。

2.オーブンでフタ付きの製品をご使用の際は、必ずフタをはずしてください。破損の原因になります。

3.ヒビの入った製品は、加熱中に割れることがありますのでご使用にならないでください。

4.加熱後は、製品も熱くなっていますので、取り出す際は火傷にご注意ください。

5.陶磁器は、急激な温度変化(特に急冷)で割れることがあります。
 製品が熱いうちに冷たいものをいれたり、濡れた所に置かないようにしてください。

1.お取り扱いの基本

1.洋食器の破損で最も多いのは、洗っている時のうっかりミスです。
 いたわりをもって丁寧に扱ってください。

2.洗い場に一度に多くの食器を入れすぎないことが重要です。
 それぞれの器がぶつかり合い割れ、欠けなど破損の原因となります。

3.すすぎは、流し水を使用し最後に熱めのお湯ですすぐことで水切れが良くなります。
 良いとはいえない日本の住宅事情では、いかに上手に収納するかということも重要です。

4.食器棚での収納の原則は、一種一重ね、隣の食器とは十分な隙間を開けることです。
 重ね易い食器を選ぶことも重要ですが食器と食器の間にペーパーナフキンや布をひくことで、
 傷を防ぐことができます。

5.食器の大きさにもよりますが、重ねる枚数は2~6枚程度が良いでしょう。
 既製のネット棚やカップラックといった便利道具もスペースを有効に使う上で重宝します。

< 洗浄によるお手入れの方法 >

1.ご使用後の汚れは、早めに落としてください。そのままにしておくと汚れが落ちにくくなります。

2.洗浄の際には、中性洗剤を軟らかいスポンジか布につけて洗ってください。

3.金属タワシ、研磨剤付ナイロンタワシやクレンザーは、ご使用にならないでください。
 表面にキズを付けたり、絵付部がハゲたりします。

4.茶しぶの頑固な汚れは、市販の漂白剤を定められた条件で使用し、 除いてください。
 但し、金・銀絵付部のあるものは酸素 系漂白剤をご使用ください。

5.洗浄後はよく乾かして、湿気の少ないところに保管してください。

6.食器洗浄機をご使用の際は、注意表示に定められた方法でご使用ください。
 洗浄機内で食器同士がぶつかって、欠けたり、表面をいためる原因となることがあります。

7.陶磁器製の柄(ハンドル)を使用したカトラリーの場合は、60℃以上のお湯に長時間つけないように
 して下さい。柄(ハンドル)が外れる恐れがあります。

< 洗浄によるお手入れの方法 >

1.ご使用後の汚れは、早めに落としてください。そのままにしておくと汚れが落ちにくくなります。

2.洗浄の際には、中性洗剤を軟らかいスポンジか布につけて洗ってください。

3.金属タワシ、研磨剤付ナイロンタワシやクレンザーは、ご使用にならないでください。
 表面にキズを付けたり、絵付部がハゲたりします。

4.茶しぶの頑固な汚れは、市販の漂白剤を定められた条件で使用し、 除いてください。
 但し、金・銀絵付部のあるものは酸素 系漂白剤をご使用ください。

5.洗浄後はよく乾かして、湿気の少ないところに保管してください。

6.食器洗浄機をご使用の際は、注意表示に定められた方法でご使用ください。
 洗浄機内で食器同士がぶつかって、欠けたり、表面をいためる原因となることがあります。

7.陶磁器製の柄(ハンドル)を使用したカトラリーの場合は、60℃以上のお湯に長時間つけないように
 して下さい。柄(ハンドル)が外れる恐れがあります。

▲ページのトップへ

HOME > 商品のお取扱いについて