鳴海製陶株式会社/食器・洋食器の「ナルミ」ボーンチャイナ

超耐熱結晶化ガラスsuper heat resistant glass

産業器材事業

結晶化ガラス「ネオセラム」とは

1962年、鳴海製陶が日本電気硝子(株)とタイアップして工業化に成功した「超耐熱結晶化ガラス」。

「超耐熱結晶化ガラス」とは特殊組成のガラスを熱処理して、極めて小さな熱膨張係数の微細結晶を析出させたガラスのことです。

>>超耐熱結晶化ガラスパンフレット
>>特性表

超耐熱結晶化ガラスは膨張係数が極めて小さいため、熱に強いという特徴があります。しかも機械的強度にも優れていますので、家電製品のIHクッキングヒーター(電磁調理器)用のトッププレートをはじめとして、ガス・石油機器のストーブの前面ガラスや薄型テレビ用PDP(プラズマディスプレイパネル)基板などの焼成用電気炉内壁材として広くご利用いただいております。特にシステムキッチン組み込み型のIHクッキングヒーター用トッププレートでは、陶磁器の加飾技術が業界での高い評価をいただき、国内シェアはトップです。

直接印刷、転写貼り絵付技術

ナルミボーンチャイナのノウハウを活かした
印刷技術

超耐熱結晶化ガラスへの印刷の難しさを克服したのは、実はナルミボーンチャイナ(洋食器)の製造で培ったナルミ独自のノウハウ。直接印刷を可能にしたことによって、どんなサイズの製品にも対応。また転写貼り絵付技術により、さらに多色の印刷が可能になっています。

たとえば、木目調やマーブル柄など、デザイン性豊かなIHクッキングヒーター用トッププレートの製造です。店舗やシステムキッチンなどでオリジナリティをプラスしたり、インテリア感覚を求めるシーンでご使用いただけます。

特殊印刷技術

上質感もひときわ。
透明な超耐熱結晶化ガラス〈N−0〉にも印刷可能

熱膨張係数ゼロの超耐熱結晶化ガラス〈N−0〉にもさまざまなカラーの印刷を可能にしたナルミの特殊印刷技術。この技術の確立により、ラジェントヒーターやハロゲンヒーターを使った調理機器、およびIHクッキングヒーター用のトッププレートとして熱線や光を透す〈N−0〉が幅広く対応可能になりました。トッププレート裏面に黒やシルバーメタリックなどのカラー印刷をし、さらに導電性材料を印刷してスイッチ回路を形成するなど、機能性とともに高級感あふれる製品としてご提案しています。

特許3823431
特許3744302
特許4333358
特許4004529 他

強化熱処理技術

高レベルなUL規格(米国)にも対応

ナルミでは低膨張ガラスに化学強化処理を施し、さらに強いガラスを造りだしています。そのレベルの高さは厳しい品質規格であるアメリカのUL規格でも十分対応できる強度を誇っており、多様なニーズにお応えしています。

ウォータージェット加工技術

破断面の美しさがポイント

金属や生地に穴あけや切り込みの加工をするのと同じく、超耐熱結晶化ガラスにも同様の加工が可能です。破断面が美しいウォータージェット加工技術で、少量でも異形の穴あけ加工や切り込みができるため、壁材など小さなボルトの穴も正確にあけられます。

ウォータージェット加工技術

 ≪低膨張フィラー・低膨張接着ガラス≫

超耐熱結晶化ガラスを粉砕して、低膨張フィラーとして用いることができます。
ガラスフラックス、樹脂等へ混合可能です。
粒度はカスタマイズ可能です。

結晶化前の素材ガラスを粉末化・ペースト化することで、低膨張基材の接着剤として用いる使い方もあります。低膨張基材を約1000℃の焼成で接着する事ができます。

≪砥粒・研磨剤≫

材質固有の「硬度」を利用し研磨剤として利用されている実績もあります。

>>粉末パンフレット

産業器材事業のお問い合わせはこちらから

▲ページのトップへ

HOME > 産業器材事業 > 超耐熱結晶化ガラス