鳴海製陶株式会社/食器・洋食器の「ナルミ」ボーンチャイナ

ヒーターパネルHeater panel

産業器材事業

クリーンヒーター関連商品

遠赤外線パネルの特徴

遠赤外線は体の中からじっくりと暖めるという性質があり、暖房器具に利用されています。「超耐熱結晶化ガラス」に熱を加えると放熱の際に遠赤外線の波長が出ることからこの特性を応用したヒーターパネルを開発。超耐熱結晶化ガラス板の裏側に面ヒーターを付けたこのストーブは空気が汚れず快適に使用できるため子供やお年寄りの部屋に快適な暖房器具です。
≫詳細情報


暖かさのシンボル、炎の色をより美しく

石油ストーブなどの円筒や薪ストーブなどの前面を覆うパネルとして応用されているのが「超耐熱結晶化ガラス」透明タイプ〈N−0〉。〈N−0〉は赤外線を透過するため暖かく、安全策としてはもちろん、透明なガラスで覆うことで美観を演出できるのが特徴です。


産業器材事業のお問い合わせはこちら

▲ページのトップへ

HOME > 産業器材事業 > ヒーターパネル